ハテブのほう

楽しいブログ

Audioengine A2+ desktop speaker レビュー


DSCF2519
 fostexのpm0.3を使い続けておよそ2年、いい加減なにか買い替えるか…とずっと考えてはいました。予算は3万円くらい、パワードスピーカーという条件で価格コムを眺める日々が続くも、これと言った決定打にかけるラインナップ。onkyoやPioneer、fostexsony等々、いろいろと出てはいますが、特にぱっとしなさそうなレビュー、見た目で何を買っていいかさっぱりわからず、かと言って外して痛くない値段でもなかったので、長い間新しいものを導入する勇気がありませんでした。

 そんな中フジヤエービックのセールは始まります。06月02日のことでした。木曜なので週末セールではなさそうですが、今となっては思い出せないし、そもそもセールで衝動買いしたのに対象外だったので…




 とまあこのように開けたときから素晴らしい音を出してくれたA2+ですが、純正アクセサリーとしてスタンドがあります。このサイトなんですが…

【大人気】だがモノが無いパワードスピーカー、audioengine A2+予約受付中。
http://www.fujiya-avic.jp/blog/?p=21619

A2_003

 右の方にちらっと純正スタンドが写ってるんですよね。当然すぐ欲しくなりました。というのも聞いてすぐ気づいたんですが指向性がかなりあり、ディスプレイの左右にポン置きすると位置が低すぎて音がまともに聞こえなくなったからです。ところがフジヤエービックのネットショップには表示されず、メールで問い合わせるも在庫なし、しかもAudioengineの国内代理店が撤退してしまい、今のところ入荷の予定ナシ、なんて聞かされる始末です。

 うーん困った、とAudioengineにメールすると、「すまんな、アメリカにしか発送してないぞ。この辺のサイト使うといいぞ」と丁寧なメールが返ってきて、そのサイトを見るもよくわからない、困ったなあと思ったらAmazon.comに普通に出ていたので個人輸入しました。北アメリカをうろちょろする配送ステータスを眺めるのは楽しかったです。

 それがかなり最近のことで、思えば4ヶ月近く…この状態で使っていました。

 ドアストッパーですね。角度がつく上にグリップもあるのでこれでいいかなって…いいわけなかったんですが。あとになって気づいたんですが、純正スタンドのAmazon.com販売ページにあるレビューを見ると、僕以外にもドアストッパーを使う猛者がいたようで、みんな考えることは一緒なんだなと思ったりしました。

 閑話休題。そんなこともありようやく本来のスペックを発揮できるようになったこともあり、この記事を書いている次第です。ヘッダー用にカッコ良くとった写真ではボケて見えませんが下の黒いのがDS1です。


 という感じです。ちょっと撮った角度が悪すぎてバランスが悪く写ってますがそんなことはなく、普通に安定してます。

 肝心の音質ですが、一聴して変わっていて面白かったです。オーディオ界隈におけるオカルト要素は数え出すとキリがありませんが、僕ははじめリケーブルにすら懐疑的だったので、当然スタンドで音がどうこうというよりは不格好なドアストッパーをなんとかしたかっただけ、というのが大きくあったからです。大量に出る低音はボーカルに被らず、多くもまとまっていていかにもポップス向きです。今まで聞こえてなかった音もチラホラ聴こえるので、解像度にもプラスに働いているかもしれません。それまで内向きに置いていたのでそのまま使っていましたが、妙に籠って聴こえたので、平行に設置したところ解消されました。

 とまあ価格コムのこんな状態の商品を誰が買うのか、誰が調べてこのブログを読むのか、甚だ疑問ではありますが、以上をレビューとさせていただきます。今買おうと思うとAmazon.comから個人輸入しかないかもしれませんが…
無題