ummm

まかない品を提供しています

月報:2022年11月 屋形船 / God of War、Watch Dogs Legion、Cyberpunk 2077、原神

やったこと

よしブログ書くか、今月は何もなかったな! と思ったけど月初は屋形船に乗ってもんじゃ食べた。新木場近くの桟橋から出港して2時間くらいご飯食べてお酒を飲めるというもので、かなりステレオタイプな江戸っ子仕草感があってよかった。こんなん予約してるの我々一行ぐらいじゃないのと思ってたけど、行ったらめっちゃ人いてうけた。1人6,000円の安さで調子に乗ったところ、かなり無理するはめになったので注意しましょう(1敗)。

もんじゃ
もんじゃもサイドメニューもよかったけど、鉄板で作ってもらう甘味がすごいおいしかった。激烈ヘビー

楽しんだもの

なんとなく手をつけた『ゴッド・オブ・ウォー』がかなり面白くて、勢いがついて今月はかなりゲームに熱中してた。北欧神話ベースの壮大なシナリオ、過酷な旅を通して深まっていく親子の絆、パワフルで爽快なアクション。思い返せば主武装が斧*1ってあんまり体験したことなかったな~という感じで、敵に叩きつけたときの重厚感あるヒットストップとか、ブン投げた斧が帰ってくる感じとか細かいところまでフィーリングが素晴らしかった。Automatonに詳しいことが書いてある。

GoW
父親のパワーがすごすぎ。グラフィックは超きれいなのに120fpsに張り付いてた

automaton-media.com

で、せっかくだしもう1本なんか遊ぶかと思って始めた『Watch Dogs: Legion』は正直あんまり面白くなかった。問題はシリーズで迷走し続けてる主人公にあると思ってて、1は地味なオッサン、2は陽キャグループ、レギオンはついに固有キャラすらいなくなっててNPCから適当に引き抜いた人物を操作することになる。個人的に2は悪くなかったかなと思ってるけど、レギオンはプレイヤーの主体性と没入感があまりになさすぎて微妙。あと「実は味方のボスが黒幕でした」っていう流れはアサシンクリードでもやったんだからやめろ。しかもプレイしてればすぐわかってしまう。

Watch Dogs Legion
画質はなんかパキッとしてない。パフォーマンスも低くて重かった

そうこうしてる間にGeForce RTX 4080が転がり込んできた(?)ので、せっかくだからDLSS 3を使える『サイバーパンク2077』も遊び始めた。このグラフィックが本当にすごくて、いよいよレイトレーシングが性能と品質を両立して実用化されたんだな~~って感じた。完全に頭一つ抜けてるというか、ブレイクスルーが起こってることをプレイ中常に体験できる。

光源がそこら中にあって楽しませてくれる

目に見える風景の情報量がとにかく多い

タイトルにそのまま“サイバーパンク”ってあることに偽りのない圧倒的なサイバーパンク感、SF感が本当に凄まじい。例えば『GTAV』だとロサンゼルス、『Marvel’s Spider-Man』だとニューヨーク、『Watch Dogs: Legion』だとロンドン、『龍が如く』だと新宿とかがそのままオープンワールドになってるけど、サイバーパンク2077の舞台は完全に架空のナイトシティ。公開空地に縛られてる現実の大都市とは全然違って、頭上はめちゃくちゃな超高層複合建築に埋め尽くされてて全然空が見えない。雨が降って道路に建築物が映り込むナイトシティを車で走ってるだけで空気感を十二分に楽しめる*2。正直サイバーパンク要素だけで80点くらい普通につけられる感じなんですが、なかなか個性的なゲーム性については来月完走してから言及いたしましょう。

アニメで見たところだ……って現実を聖地巡礼するのと同等の解像度がある

あと『原神』で璃月編が終わった。モンド編のなんちゃって西洋ファンタジー感はなんやこれと思ってたけど、しっかり中華ファンタジーな璃月編はかなり楽しめた。中国のデベロッパーがグローバル向けに作ってるゲームに出てくる中国ベースのシナリオがマジで面白い。アークナイツの『洪炉示歳』『画中人』『将進酒』イベントもだけど、中国特有の「仙人」っていう概念がすごいユニークなんだと思う。申鶴イベント*3も続けて完走してかなり感動した。

でも帝君、仙人、璃月七星のややこしさはかなり攻めてると思う

劇中劇『神女劈観』は鳥肌モノ。世界史でしか聞いたことなかった京劇ベースらしい

買ったもの

AMD Ryzen 9 3900XT(12コア24スレッド)があまりに遅い*4からIntel Core i7-13700KF(16コア24スレッド)を買った。告白するとGeForce RTX 4080は買ってはいない*5。X-T5とXF18-120mmF4 LM PZ WRもタイミングをみて買おうと思ってたけど、すぐ手に入らなそうだし今はいいかな。

後記

あとアークナイツで深海ネタの大規模イベント『狂人号』があって、これも面白かった。クトゥルフ神話は何から読んでいいかわからんので*6ラブクラフト全集を頭から読む暴挙に出てる。

かなり楽しみにしてた「狂人号」。限定スペクターは引けませんでした…

*1:戦斧「リヴァイアサン」。ドワーフが造った

*2:もはやファストトラベルは不要なレベル

*3:間章第1幕「風立ちし鶴の帰郷」

*4:GPU比。GeForce RTX 3080 Tiとの組み合わせでも不十分

*5:しばらく手元にあるらしいけど、いつまであるかはわからない

*6:なんかオススメとか順番とかいろいろあるらしいが、調べてる暇があれば原典を読めばよい